こんばんは。

今日も、気になるニュースが


女性の飲み過ぎは厳禁―妊娠率が下がる危険も
(マイナビニュース2013.10.28)
 


フランスの健康情報サイトによると、
10月に発表された、
アメリカの研究から、

飲酒が原因で
妊娠する確率が下がることが
明らかになったそうです。


お酒を飲まなかった女性の妊娠率は、90%で、
週に1杯飲んだ女性は70%、
週に3杯飲んだ女性は50%まで下がるとのこと。


わたしは、女性ですが、
20代前半から30代後半近くまで、
10数年、
ほぼ、毎日のように飲んでいました。

そして、今となっては、
それが原因かどうかは、わかりませんが、
子宮と卵巣の病気になりました。

一番大事な
20代~30代は、
その病気の対応に費やしました。

だから、
子供を授かることができませんでした。


わたしのからだが、
医学的に、
酒が原因なのか、どうなのかとかは
わかりません。


しかし、
こんなことになってしまって、
個人の見解としては、


これは『酒が原因だな』と、
強く思います。


『後悔先に立たず』


つまり、
してしまったことは、
あとになって悔やんでも、
取り返しはつかないということです。


わたしがソレです。

女性の皆さん、
どうか、
ご自分の体を大切にされてください。

そう願ってやみません。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

禁酒・断酒 ブログランキングへ